闘牛 in Okinawa Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 北部闘牛大会

<<   作成日時 : 2012/06/10 19:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
                    復活の7勝目なるか、山岳びら 

画像
                    電撃速攻決まれば無傷の3連勝、浜川闘神王

注目のカードは上位3番!
24日に北部闘牛大会

 北部闘牛大会(主催・北部闘牛組合、後援・沖縄タイムス社)が24日午後1時から今帰仁村営闘牛場で行われる。
5年前に完成した全天候型の屋根付ドーム(うるま市石川)での闘牛が主流(2011年で19大会中14大会)になってから、野外闘牛は本島北部地域(今帰仁村、本部町)を中心に開催されている。日差しが気になる季節だが、今帰仁村営闘牛場は緑陰濃い観客席があるので、長時間の観戦もOK。今では懐旧の感すら漂うようになった本来の闘牛がたっぷりと堪能できるだろう。

北部で活躍する一線級や若手20頭による10組の対戦が予定されている。
ローカル大会にしては好取組が目立って多いが、特に注目のカードは上位の3番だろう。手に汗握る激戦連発が期待できる。

入場料は大人2500円(女性は2000円)、中高生は1000円(小学生以下は無料)。

「シー1番」 山岳びら 対 浜川闘神王 

山岳びらは徳之島からの移籍牛で旧名が戦艦山本山。正月2日新春大闘牛で丸石白龍に敗れ、デビューからの連勝が6で止まった。立ち直りの場所となるが、相手は荒技牛だけに堅い防御が条件となりそう。一旦、相手の攻めを残せば逆襲の一発が期待できる。

闘神王は3月の本部で健堅タッチューに18秒で楽勝。デビュー(元旦)に続いて、抜群の瞬発力を見せ付けた。鋭い角を活かした強烈な押し込みからの腹取りは破壊力十分で紛れもなく一級品だ。むしろ守勢に回った時の足腰の柔らかさを見てみたい。しかし、典型的な速攻タイプだけに今回も対戦開始早々からしゃにむに飛ばしていくだろう。序盤の動きから目が離せない。

「シー2番」 琉桜風吹 対 山里花形 

琉桜風吹は今年3回目の登場。並外れた闘志と粘り腰で積み重ねた白星は先場所ついに15(3敗)に達した。いつも観客を感動させる戦いを見せているが、今回はかなりの難敵。風吹にとって緊張感みなぎる大一番となる。

山里花形(旧名克関上昇龍)は3月本部に続いての出場。昨秋全島で軽量級王座に挑戦したが、不敗チャンピオン成龍號の牙城を崩せず完敗した。復帰戦となった前場所を快勝(赤野尾白)し、再上昇気配濃厚と見たが、今回の勝利で完全復活となるかどうか要注目だ。

「シー3番」 平山畜産号 対 謝名角白 

両牛2連勝中の若手有望対決。戦歴の浅い若手同士だけに予想が難しいが、闘牛通注目の一番だけに勝った方の株は急上昇となりそう。平山畜産号謝名角白ともに自在型。短期速攻、持久戦いずれも互角の攻防となりそうだが、5分を過ぎての”スタミナ”が勝敗のカギ。

「デビュー牛」

7番戦の皓也パンダ、8番戦の南乃大福、9番戦の新力白虎、封切戦の北琉ばくだん、与那国天龍の合計5頭。

今帰仁村


北部闘牛大会

▲平成24年6月24日(日)午後1時より▲

★今帰仁村営闘牛場★

主催:北部闘牛組合 後援:沖縄タイムス社

      ↓クリックで拡大
画像                  



(紅)               番付      (白)

山岳びら             1     浜川闘神王
琉桜風吹             2      山里花形
平山畜産号         指名特番   謝名角白
与那嶺花形篤希號       4     健堅タッチュー
カリー亭104号          5     大嵩カブラー
健堅美龍            特番    泰山白タビ
竜顔斬克龍         若手特番    皓也パンダ
美力TONTON           8      南乃大福
優琉神黒虎            9       新力白虎                    
北琉ばくだん            10      与那国天龍


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)
北部闘牛大会 闘牛 in Okinawa Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる