闘牛 in Okinawa Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊波闘牛大会

<<   作成日時 : 2012/03/12 18:52   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

伊波闘牛大会(主催・伊波闘牛組合、後援・沖縄タイムス社)が18日午後一時からうるま市石川多目的ドームで行われる。
伊波大会は合同大会を除く組合単独での開催は5年ぶり。伊波のみならず各地のローカル大会(地元出場牛が多数)は、ここ数年長引く経済不況を背景に飼育頭数の減少が続き、以前のように定期的に開催できない状況が続いている。そんな中、今回の降ってわいたような開催復活はまさに朗報。伝統娯楽の火を消すまいとの関係者の意気込みが伝わってくるが、他組合への波及を願わずにはいられない。各地の組合からの参戦を含め22頭による11取組が予定されている。戦力拮抗のカードが多く、激戦連発が期待できそう。

入場料は2500円(女性は2000円)、中高生は1000円。

「シー1番」 戦闘龍輝 対 翔龍

戦闘龍輝(旧名シュン大将、4勝3敗)は正月2日大闘牛に続いて今年2回目の出場。人気花形牛優武勝に挑んだが、得意とする一発怒涛の押し込みがまったく不発で完敗に終わった。2009年5月徳之島でデビュー(康貴大力、現徳之島中量級チャンピオンに黒星)した後すぐに沖縄へ。沖縄では永玉栄若力、常勝会力丸などを連破し、4連勝を飾った。攻撃力を評価され、いずれは王座挑戦もといわれたほど。しかし、大嵩写真館号や先ほどの優武勝などの強豪に敗れ、最近はやや失速気味だ。破壊力は紛れもなく本物だけに、淡白な戦法が解消されれば、再上昇は困難ではない。対する翔龍(4勝2敗)は昨年6月以来。2年ぶりの登場だったが、調子が悪かったのか不戦敗している。これまで実質1敗(真壁花形)で、まだすべてを出し切っていない。闘志に一旦火が付けば、体を生かした攻めは相当なレベル。気合十分で戦えるかどうかにかかっており、「立合い」が注目される。

「特番」 隆神 対 古堅モータース尾折

尾折は昨年10月読谷祭りでトモハナ号に勝利。隆神は昨年6月東恩納でかずぼー龍神丸に敗北。両牛、デビュー戦で明暗を分けているが、その後の成長がどうなったかが焦点となる。尾折はカブラー角を左右に動かしながら前に出ることができれば勝算は高い。隆神は鋭い角を「守り」に活かして勝機を待ちたい。序盤の攻防で勝敗の行方が見えてくるだろう。

「その他」 

今大会がデビュー戦となるのは、柿乃花天一、それいけREDBULLの2頭。7番戦の蹴球小僧は徳之島で大活躍した人気花形牛で沖縄でも闘牛通の関心を集めそう。5番戦のいぶき、9番戦の突撃ミサイル、ドラゴンMAXも徳之島から。全般に新鮮さが際立つ構成となっている。かつて有望若牛や新鋭牛の登場で話題を集めた伊波大会の伝統は今回もしっかり受け継がれており、楽しみの多い大会となりそう。

伊波闘牛大会

平成24年3月18日(日)午後1時より

うるま市石川多目的ドーム

主催:伊波闘牛組合 後援:沖縄タイムス社

(紅) 番付 (白)
画像
戦闘龍輝
画像
翔 龍
多和田 龍輝 (宜野湾) 1100kg平川 崇尊(具志川) 1100kg
ダイナマイト
一 撃
赤 虎
貴花グループ(伊波) 950kg山城 均(伊波) 980kg
琉球美宝東昇舞虎龍
幸知 顕司 (石川) 950kg比嘉 憲雄(読谷) 950kg
隆 神古堅モータース
尾 折
上地 愁羅 (石川) 780kg安次嶺 栄(古堅) 800kg
いぶき荒吹一番星
石川 真栄(石川) 930kg照屋 慎一 (具志川) 950kg
トラムク侍荒天花形
平良 幸太郎(石川) 870kg照屋 俊一(具志川) 850kg
川風ヒーゲー蹴球小僧
登川 健 (伊波) 820kg平川 智之(東恩納) 800kg
松田龍神ドラゴンMAX
松田 浩明(読谷) 850kg田中 博充&澤ちゃん (石川) 880kg
無天爆撃突撃ミサイル
池原 浩(伊波) 750kg佐次田 直人(東恩納) 750kg
東昇ドラゴンズ10一 撃
比嘉 憲雄(読谷) 950kg上松田 祐希 (読谷) 870kg
柿乃花天一それいけREDBULL
柿乃花グループ(具志川) 950kgそれいけグループ(具志川) 960kg




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
伊波闘牛大会 闘牛 in Okinawa Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる